看護師の基礎的な知識

正看護師は主に医師より指示を受けた後、患者に対して処置をしたり、点滴や投薬をする立場になります。ただ正看護師はある程度自分の判断により患者への対応が許されていますので、毎度毎度、医師の指示を待っている必要がありません。例えば患者さんの様子が急変してしまった場合などは、独断で患者に対する処置を行いつつ、医師に連絡を入れる、または伝達をする立場になります。正看護師は資格を取得するまでにも長い期間が必要となり、専門学校などから更に看護学校での教養を経て、資格を取得します。

正看護師はこのように、医師との連携をはかりながら仕事をしていきますが、勤務そのものがとても大変だと言われていて、交代勤務でも夜中に出勤をしていくようなシフトもあります。また責任感も重要となり、医師がその場にいなくても患者への処置をする必要があるケースなどもあるので、こうした意味では生涯学習が必要になってくると言われています。収入面に関しては、以前より良くなっていると言われていますが、働く場所により大きな違いがあるので、不満を感じてしまう人も多いようですね。しかし不満を感じても、簡単には他の職場に移ることも出来ない職業なので、ストレスばかりが膨らんでしまう人もいるようです。

正看護師は仕事が見つかりにくい?

正看護師は上記のように、医療の現場では医師の次に責任感を持っていなくてはならない立場となり、大きな役割を持っていますが、雇用側としてはそれだけの収入を支払わなくてはなりません。そのため近年は正看護師よりも准看護師を雇う医療機関が増えていて、正看護師は職場が見つかりにくいなどと言われていますが、実際には正看護師の募集も沢山あり、就職が出来ないなどと言ったことはありません。

ただ、正看護師、もしくは准看護師の募集をしているような医療機関については、比較的准看護師を優先して雇うような傾向にあるようですね。個人クリニックなどの場合には交代制の勤務が必要では無いケースも多く、医師が現場を離れてしまい、准看護師だけでは困るような状況も少ないので、どうしてもお給料が少なくて済む准看護師を雇うことがあります。反対に大きな病院であれば、正看護師の需要はどんどん高まっていますので、今後も更に正看護師の募集が増えていくのでは無いでしょうか。